DTV用語集

管理者 Mototaka (ADAMs-pure)

1st upload:2001.03.15
last update:2001.03.15

DTV用語集-R
(49)

DTVによく出てくる言葉をビデオ用語、パソコン用語など織り交ぜてちょっとづつまとめています。
「これは間違っている!」というご指摘がありましたら、ご遠慮なく管理者までどうぞ。

 

用語 解説
R 【あーる】
R 【あーる】
R 【あーる】
RAID 【れいど】
RAMDAC 【らむだっく】
Random 【らんだむ】
Rage 【れいじ】
Range 【れんじ】
Raster Scan 【らすたー・すきゃん】
Rate 【れーと】
RCAピンジャック 【あーるしーえー・ぴんじゃっく】
Real 【りある】
Real 【りある】
RealAudio 【りある・おーでぃお】
Reality 【りありてぃー】dpsReality
RealTech 【りある・てっく】
Real Time 【りあるたいむ】実時間。→リアルタイム処理
Real Video 【りある・びでお】
Rectangle 【りくたんぐる】
Redraw 【り・どろー】
Reel 【りーる】→リール
ReelExplosions 【りーる・えくすぷろーじょん】デジタル動画素材集の1つ。
高品位な合成用動画素材集で、主に爆発の素材が収録されている。合成用マスク付き素材やループ素材もある。Windows/Macで利用可能。
ReelFire 【りーる・ふぁいあー】デジタル動画素材集の1つ。
高品位な合成用動画素材集で、主に炎の素材が収録されている。合成用マスク付き素材やループ素材もある。Windows/Macで利用可能。
ReelTime Nitro 【りーるたいむ・にとろ】Pinacle Systems製のノンリニアビデオ編集ボード。
Adobe Premiere5の各種トランジションと表現的に互換性を持ったプラグインを搭載しつつ、クロマキー、3Dパースペクティブなど数100種類のトランジション、エフェクト機能を搭載したリアルタイムエフェクトボード。ほとんど全ての処理をリアルタイムで行う。コンポジット、コンポーネント、Sの各端子の他、SDI、DV入出力にオプションで対応。
Refraction 【りふれくしょん】
Refresh 【りふれっしゅ】
Refresh Rate 【りふれっしゅ・れーと】
Register 【れじすた】
Registration 【れじすとれーしょん】
Registry 【れじすとり】
Render 【れんだー】
Rendering 【れんだりんぐ】→レンダリング
Render Node 【れんだー・のーど】→レンダーノード →DigitalFusion
Reset 【りせっと】
Resister 【れじすた】
Resize 【りさいず】
Retailパッケージ 【りてーる・ぱっけーじ】小売、市販パッケージのこと。
→リテール品 反)→バルク
RGB 【あーる・じー・びー】光の三原色(Red=赤、Green=緑、Blue=青)の略。また、映像を光の三原色で構成したカラーモデル。
映像における色の表現方法(構成)にはいくつかあるが、RGBはコンピュータで色を扱う場合の最も基本的なカラーモデル。ピクセル(ドット)の色をRGB(赤青緑)で構成し、三原色それぞれの値(明るさ)を調整することで、色を表現する。パソコンで一般的に「フルカラー」といった場合、RGBの各色に8ビットづつを割りつけ0〜255までの256段階に変化させることで、約1600万色を表現出来る(RGB24ビット)。全ビットが0の場合は黒、全ビットが1の場合は白になる。
一般的にカラーテレビは、ブラウン管内部にRGBのビーム(電子銃)を持ち、これを駆動することで映像を表現する。
→YUV →HSL →HSV →CMYK →アナログRGB →デジタルRGB →フルカラー →ハイカラー →インデックスカラー →グレイスケール [コラム有り]
RGB24 【あーるじーびー・にじゅうよん】RGB-24bit(各色8bit)のこと。フルカラー。
1ピクセル(ドット)の色表現について、RGBの各色要素に対して8ビットづつ割り当てたもの。1ドットにつき3バイトで約1600万色(224)の色を表現でき、「フルカラー」と呼ばれる。→RGB [コラム有り]
RGB16 【あーるじーびー・じゅうろく】RGB-16bit(R=5bit/G=5bit/B=6bit)のこと。ハイカラー。
1ピクセル(ドット)の色表現について、R(赤)=5ビット、G(緑)=5ビット、B(青)=6ビットを割り当てたもの。1ドットにつき2バイトで65536色(216)を表現でき、「ハイカラー」と呼ばれる。システムによっては、R(赤)またはG(緑)に6ビット割り当て、他の色を5ビットとしている場合もある。→RGB [コラム有り]
RGB15 【あーるじーびー・じゅうご】RGB-15bit(各色5bit)のこと。ハイカラー。
1ピクセル(ドット)の色表現について、RGB(赤青緑)の各色要素に対して5ビットづつ割り当てたもの。1ドットに付き2バイトで32768色(215)の色を表現でき、「ハイカラー」と呼ばれる。→RGB [コラム有り]
RGBモニタ 【あーるじーびー・もにた】映像信号にRGB信号を用いるディスプレイ。一般に、パソコン用ディスプレイのこと。
RGBによる映像信号によって駆動されるディスプレイモニターのことを指す。パソコン用ディスプレイの多くはこのタイプ。家庭用テレビなどはNTSCモニタと呼ばれ、区別される。
一言で「RGBモニタ」と言っても、水平同期周波数によって15KHz/24KHz/34KHzなど様々なものがあり、同じRGB駆動でありながら接続互換性は無い(互換性を持たせたものをMultiSync(マルチシンク)タイプという)。
RGB →NTSCモニタ [コラム有り]
RGBA 【あーる・じー・びー・えー】
RLA 【あーる・える・えー】
Rotation 【ろーてーしょん】
RPF 【あーる・ぴー・えふ】
RPM 【あーる・ぴー・えむ】
RT2000 【あーるてぃー・にせん】matrox社が作るノンリニアビデオ編集I/Oボードの名称。
Windows98/2000対応で、DV/S/コンポジットの入出力端子を備える。DVまたはMPEG2ベースの圧縮エンジンを搭載し、デュアルストリーミングによるリアルタイム2D/3D-DVEが可能。内部的には非圧縮画像も処理可能な、Flex3Dアーキテクチャを採用(ただし、RT2000で非圧縮素材のリアルタイム処理は不可能)。
リアルタイム3D処理は、G400DHビデオカードのカスタム版であるG400Flex3Dに搭載された3Dグラフィックスエンジンを使って行われる。
RT2K 【あーるてぃー・つーけー】【あーるてぃー・にけー】RT2000のこと。
2000を2K(2キロ)と略した呼び名。→RT2000

 


本文中の各商品名は、各社の商標又は登録商標です。
本ページ中の一部又は全部を雑誌・ホームページその他に無断で使用することを禁じます。
出版社等による一方的な事後承諾を認めません。予めご連絡ください。

製作・文責:MOTOTAKA 

| 「MototakaのDTVワークショップ」に戻る |

| MyPLANET-DTVに戻る |

 

 

 


Copyright (C)1995-2001 ADAMs-pure/MyPLANET All rights reserved.