DTV用語集

管理者 Mototaka (ADAMs-pure)

1st upload:2001.03.15
last update:2001.03.15

DTV用語集-F
(42)

DTVによく出てくる言葉をビデオ用語、パソコン用語など織り交ぜてちょっとづつまとめています。
「これは間違っている!」というご指摘がありましたら、ご遠慮なく管理者までどうぞ。

 

用語 解説
F 【ふぁらど】コンデンサなどの容量(静電容量)の単位。
通常はμF(マイクロファラド)やpF(ピコファラド)の単位を用いる。μF=1×10
-6F、pF=1×10-12F。
Fade 【ふぇーど】
Fade in 【ふぇーど・いん】
Fade out 【ふぇーど・あうと】
Fader 【ふぇーだー】
FAT 【ふぁっと】
FAT16 【ふぁっと・いちろく】【ふぁっと・じゅうろく】
FAT32 【ふぁっと・さんにい】【ふぁっと・さんじゅうに】
FAQ 【ふぁく】【ふぁっく】Freaquently Asked Questionの略。「繰り返し聞かれる問題」「よくある質問」の意味。
far 【ふぁー】
FD 【えふ・でぃー】
FDC 【えふ・でぃー・しー】
FDD 【えふ・でぃー・でぃー】
FEヘッド 【えふいー・へっど】
FF 【えふ・えふ】
FG 【えふ・じー】Fore Ground(フォア・グラウンド)の略。
FG 【えふ・じー】Frame Ground(フレームグラウンド)の略。
Field 【ふぃーるど】インターレース映像のフィールド。
現行のNTSC放送など、インターレース画像の場合、2つのフィールドで1枚のフレームが構成される。→フィールド →インターレース
File 【ふぁいる】
Film 【ふぃるむ】
Fire* 【ふぁいあー】Discreet社が作る、SGIシステムをベースとした大型ノンリニア編集システム。またそのソフトウェアの名称。
Onyx2ベースのコンピュータにディスクアレイとタブレットなどが装備され、複数のデジタルβカムデッキなどを連動させて動作する。セットで数1000万円。シリーズ中の他のシステムに比べると、安価。エフェクトよりも、ノンリニア編集を中心としたシステム。 →Inferno
Filter 【ふぃるたー】
Flicker 【ふりっかー】
Flicker free 【ふりっかー・ふりー】
FlipBook 【ふりっぷぶっく】
Floppy Disk 【ふろっぴー・でぃすく】
Flow 【ふろー】
Flying Erase Head 【ふらいんぐ・いれーす・へっど】
FM 【えふ・えむ】
Focal Point 【ふぉーかる・ぽいんと】
Focus 【ふぉーかす】焦点。フォーカス。
→フォーカス
Fog 【ふぉぐ】
Font 【ふぉんと】
Foreground 【ふぉあ・ぐらうんど】
format 【ふぉーまっと】
formatする 【ふぉーまっと・する】
FPS 【えふ・ぴー・えす】Frames per Second(フレーム・パー・セカンド)の略。
FPU 【えふ・ぴー・ゆー】
Frame 【ふれーむ】映像のフレーム。
映像の「1コマ」のこと。また、現行のNTSC放送などのインターレース画像の場合、2つのフィールドで1枚のフレームが構成される。→フレーム →インターレース
Frame Buffer 【ふれーむ・ばっふぁ】
Fringe 【ふりんじ】
FSB 【えふ・えす・びー】Front Side Bus(フロントサイド・バス)の略。
通常、「FSB=100MHz」等と表記され、パソコンの「ベースクロック」のこと。本来は、CPUの外部に直結したバス線のことを指すが、FSB=速度(周波数)と書いた場合、FSBの動作速度(クロック数)を指す。→ベースクロック
Full Frame 【ふる・ふれーむ】

 


本文中の各商品名は、各社の商標又は登録商標です。
本ページ中の一部又は全部を雑誌・ホームページその他に無断で使用することを禁じます。
出版社等による一方的な事後承諾を認めません。予めご連絡ください。

製作・文責:MOTOTAKA 

| 「MototakaのDTVワークショップ」に戻る |

| MyPLANET-DTVに戻る |

 

 

 


Copyright (C)1995-2001 ADAMs-pure/MyPLANET All rights reserved.